お酒は太る?アルコールの糖質一覧

Pocket

carbohydrate of alcohol

 

仲間との楽しいひと時に、ストレス解消に。お酒は適度に飲む分にはメリットもたくさんありますね。

しかしせっかく食事で糖質を抑えているのに、お酒でガバガバ糖質を摂取していたら実にもったいない。

そこでアルコールの糖質量を色々調べてみました。

 

糖質の少ないお酒から順に並べました。

 

スポンサーリンク

糖質ゼロを目指すなら焼酎・ウォッカ・ウィスキー

焼酎

shochu

  • 100gあたり0g
  • 1杯あたり0g

 

ウォッカ

vodka

  • 100gあたり0g
  • 1杯あたり0g

 

ウィスキー

whiskey

  • 100gあたり0g
  • 1杯あたり0g

 

焼酎・ウォッカ・ウィスキー。これらの蒸留酒は加熱して気化したアルコールを冷却し、再度液体に戻すという製法の過程で、炭水化物は取り除かれる。よって糖質ゼロの優秀なお酒。

とはいえ総じてアルコール度数が高いので、他の飲み物で割る時は水やソーダ水で割り、アルコール度数を下げて糖質を上げない工夫が必要。

ワインはバランスのとれた優等生!糖質オフの味方

wine

赤ワイン

  • 100gあたり1.5g
  • 1杯あたり1.2g

 

白ワイン

  • 100gあたり2.0g
  • 1杯あたり1.6g

 

上記は一般的な数値であり、産地や銘柄によって多少の誤差はあるが、赤ワインの方がやや糖質が低い。
適度にアルコール度数が高く、糖質を摂りすぎず酔えるのがワインのいいところ。

ビールの飲み過ぎには注意。

beer

ビール

  • 100gあたり3.1g
  • 1杯あたり6.3g

 

発泡酒

  • 100gあたり3.6g
  • 1杯あたり7.3g

 

みなさんお待ちかね、ビールの登場です。
麦などを発酵させて作る醸造酒であるビールは原料自体に炭水化物が多く含まれるため、若干糖質が高め。

よく「ビールは太らない!一緒に食べるつまみで太るんだ!」と言われることがあります。それは間違いではなく一理ありますが、ビールにも糖質は含まれます。太らないために、というよりも痩せたいならば、やはり飲み過ぎには注意。

最近は糖質オフ、糖質ゼロのビールもたくさんあります。そちらを積極的に選ぶ心がけはすばらしいですが、これらの中には合成甘味料を多く含むものもあるためその点は注意が必要。

日本酒もビールと同じ醸造酒

japanese sake

日本酒

  • 100gあたり3.6g
  • 1杯あたり6.5g

 

こちらもビールと同じく原料に炭水化物を多く含む醸造酒です。ビールほどガバガバ飲む人は少ないと思いますが、一応頭に入れておきましょう。

梅酒は要注意の糖質ドリンク

Plum wine

梅酒

  • 100gあたり20.7g
  • 1杯あたり21.5g

 

蒸留酒や醸造酒に果実や糖分を加えて造られる梅酒は糖質が高くなる傾向にあり。梅酒はついつい飲みすぎてしまいますが糖質オフに取り組んでいるあなたは控えておくべき。

Pocket

スポンサーリンク

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です