腹筋を6つに割るために大切なこと

Pocket

理想型の腹筋

 

「腹筋を6つに割れたシックスパックにしたい」というのは多くの人のが望むことだと思います。特にこのサイトに来てくださっている方は理想のシックスパックを手に入れたいはず。

この記事では腹筋を綺麗に割れたシックスパックにするために必要なことを書いていきます。

スポンサーリンク

生まれながら腹筋は割れている

rectus abdominis illustration
よく言われる話ではありますが、人間の腹筋は元々割れています。誰でもです。

 

腹筋は肋骨から恥骨まで至るとても長い筋肉です。その長い筋肉を分裂するように縦筋とと横筋が入っています。

この縦筋のことを「白線」、横線のことを「腱画(けんかく)」と呼びます。体の中心にある白線によって腹直筋は左右2枚に分かれ、さらに腱画によって複数に分かれているのです。

ちなみにこの腱画には個人差があり、2つある人、3つある人、4つある人と様々です。

 

少し難しい話になりましたが、とにかく人間の腹筋はこの生まれ持った体の構造により、もともと割れています。

ではなぜ、シックスパックに割れた人と綺麗なワンパック(割れ目のない)人がいるのでしょうか。

腹筋が割れて見えるかどうかはその上の脂肪次第

 

それは腹直筋の上に乗った脂肪のせいです。

当たり前といえば当たり前の話ですが、脂肪で腹筋が隠れていれば筋肉の形を拝むことはできないのです。

腹直筋の上の脂肪を落とせば本来の腹筋の構造が見えて来ます。逆に言えば脂肪を落とさなければ綺麗に割れた理想のシックスパックを手に入れることは難しいでしょう。

 

もちろん、脂肪を落とすと同時に筋肉を大きくすることも必要です。

 

あなたの腹筋は何型?現状からやるべきことを明確に

ここで男性の腹筋を大きく4つに分類してみます。

 

  • 男子中高生型:脂肪・筋肉(代謝が良く脂肪が少ないため、うっすらと割れた腹筋)
  • 理想型:脂肪・筋肉(筋肉が大きく体脂肪が少ないため綺麗なシックスパック)
  • メタボ型:脂肪・筋肉(運動不足かつ代謝も落ちた中年のお腹。いわゆるメタボ)
  • 力士型:脂肪・筋肉(筋肉量はかなり多いもののその上の脂肪も多いお相撲さん型)

 

今の自分が何型なのかによって取るべき対策がかわってきます。

現状が男子中高生型ならば脂肪を落とすこと注力する必要はなく、腹筋を大きくする筋力トレーニングとタンパク質の多い食事を心がけるべきです。

 

しかし多くの人はメタボ体型か、そこまでいかないまでも脂肪が多く腹筋の隠れている状態でしょう。

その場合は、筋力を大きくするとともに脂肪を落とすことにも取り組む必要があります

むしろこちらが大事。

 

かなりの筋肉量ならば多少脂肪が多くても腹筋は割れて見えますが、そこを目指すよりも腹直筋を肥大させながら脂肪を落とす方がはるかに簡単にシックスパックを手に入れることができます。

腹筋だけをして入れば、筋肉が大きくなる同時に脂肪が落ち、メタボ体型からバキバキに割れた理想型腹筋を手に入れられるわけではありません。

腹直筋を大きくすることと、脂肪を落とすことは分けて考える必要があります。

 

とにかく腹筋運動だけしていていてはダメということです。

 

下記に腹筋運動に関する情報と脂肪を落とすことに有効な記事をまとめておきます。

腹筋を大きくする

脂肪を落とす

Pocket

スポンサーリンク

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です